2022年9月14日水曜日

新米販売します。


新米販売のお知らせ

先日稲刈り、乾燥、籾摺りを経てやっと米袋が並びました。
精米して緊張の試食。
せっかくなので近くの湧水を汲みにいき、店主への敬意も込め、美味しい水で炊きました。

家族そろって、まずは炊きたての白ごはんを1杯。

ふっくら、少し甘くて美味しいごはんに一安心。

みなさんに販売できそうでしたので、green people植物販売のオンラインショップにも無理やり載っけました。
ぜひ、チェックしてくださいね!

商品紹介文抜粋してます↓

豊かな自然が育んだおいしいお米です。
富山に引っ越し、去年からお米作りも始めました。
長年植物を育てながら得た知恵を活かし、今年は農薬を極力使わず、山から流れる豊かな水の力を信じて化成肥料も使わずに作りました。
田んぼは雑草との戦い。大きな田んぼで泥を掻き分け手作業での除草はほんとに気が遠くなる作業でした。田んぼを往復しても全然進んでないのを見て、これ無理ちゃうか?と何度も諦めかけました。
でも、果てしないと思っていた除草作業も9月に入り落ち着き、田んぼの中にぴょんぴょん生える雑草を抜いてひと段落。黄金色に生え揃った稲穂が山から吹きおろす風に揺れる景色を見て、やっとここまできたなーと感動しました。
そして稲刈りも終わり、さっそくお米を炊いてみました。家族みんなで食べた今年の新米、大変でしたが、ふっくら美味しいごはんにほっと一安心。
普通の作り方と比べ作業量がはるかに多く、想像以上にしんどかったったので、いくらにしようか迷いましたが、今年は出来るだけ沢山の方に食べてもらいたいと思い普通の価格にしました。(一応、無農薬のお米の価格破壊にならないように書かせてもらいました。)
食欲の秋はぜひ丹精こめた自信作、green peopleの美味しい新米で🌾
※精米後の発送も追加200円(税込216円)/10kgにて承っております。

2022年9月2日金曜日

稲刈りシーズン真っ盛り

田んぼばっかりののどかなこの地域が、バタバタし始める時期がやってきましたー!普通の道路をゆーっくりなコンバインが走る風景もずいぶん慣れました。


そしてこちらは、うちの店主がお米を作っている田んぼです。たわわにお米が実っているようです。

今年はほとんど農薬を使わず、化成肥料なども施さず、山から流れる水の力を信じて作りました。
除草剤など使っていないので、とにかく地道に来る日も来る日も田んぼに入り、重たい泥をかき分け草を掻き取りました。
広い田んぼで作業は、先の見えない重労働。ファッション的に無農薬米、減農薬米と言うのはあまりに軽すぎると痛感。昔のひとは当たり前にやってたことですが。
そして、畦の草刈りも伸びるのはあっという間。

とにかく汗と汗と汗の結晶、(気持ち悪い感じになってしまいました笑) 美味しくできていますように!
今年はみなさまにもお届けできたらと思っています。
買ってね!




杜人

 9月になりました。

昨日も今日もしっかり雨。あっという間に涼しくなってソワソワしています。



8月の終わりに「杜人(もりびと)」という映画を見ました。

造園家で環境再生医である矢野智徳さんの大地の再生ドキュメンタリーです。

彼の気が遠くなるような地道な活動に胸が熱くなりました。


各地で起こる災害や異常気象。大地が悲鳴を上げていることに気づいていながらもアクションを起こせずに、もたもたどうしたらいいのだろうと考えていた自分の気持ちに、強いインパクトを受けました。

わたしたちの仕事である、お庭を作る、どっか遠く海外の花を生産し、植えて愛でる。というのは土地をコンクリートで埋める訳ではないけれど、人為的で違和感のあることで自然とは逆方向のこと。富山の田舎に引っ越し、森を切り拓き、自然との距離が近くなるにつれ、環境のことや社会の仕組みについて考えることが自然と増え、余計にわからなくなっていました。お庭づくりも植物も大好きだけど、どこへ向かえばいいのか自問自答しているところでした。

でも映画の後いろいろ考え、すこしまとまりました。

人が自然にまた少し近づいて生きて行く為にも、植物にもっともっと興味をもってくれる人が増え、育てる楽しさを感じたり、植物の力に感動したりする人が増えるきっかけを作れたら、それもひとつ役割なのかなと思いました。手がかかるから全部コンクリートにしてしまおう。という価値観だけでも変えれたらと。


それぞれ今いるフィールドなどによって感じることはいろいろありそうです。機会を見つけてぜひ見てください。


さて、9月になり園芸もしやすい季節になってきました。

秋のお庭を彩るグラスや、冬を凌いでくれる常緑類、来年の春に向けた宿根草の準備。いろいろな用途に合わせてぜひチェックしてください〜。在庫品まだまだいろいろあります。

新入荷は9月下旬ごろを予定しております。もしかしたら、ちょこちょこその前にも入るかもですが。

オンラインショップはこちらより


宜しくお願いします。



2022年8月1日月曜日

8月夏季休業のお知らせ

 

ちょっと前に雪が溶けたかと思いきや、8月になりました。
さすがにそれは言い過ぎですね。

8月のお休みのお知らせです。
6日から15日まで発送業務とお電話での対応をお休みいたします。
期間中のご注文は休み明け16日より順次お送りいたします。

写真はハウス横の畑ガーデンに植えているルドベキアヘンリーアイラーズ。
切り戻しのためカットしました。猛暑の中元気いっぱいです。


他にも日差しを喜んで花を咲かせている植物を一部ご紹介。
目視ではとっても可愛らしいのですが、ハウスではなかなかいい感じに撮れないのがもどかしい・・・。


葉の裏側が紫色でおしゃれな低木です。只今絶賛開花中。


カンカン照りもへっちゃらといえばアベリア。落葉性の低木です。
この品種は花の萼片も花のようで花後が最も注目される種類です。
でも、蕾の時期もいいし、花もいい。
つい最近ちらほら咲き始めました。
ぜひ、このタイミングでお届けしたいところです。


当店は夏季休業を除き夏場の受注、発送も承っています。
なるべく暑いトラック内にいる時間が少なくなるよう、夏場は夕方に営業所へ持ち込み発送しております。お届けに2日以上かかる地域や暑さが苦手な植物はご注文いただいてもお断りする場合がございますのでご了承ください。



2022年5月20日金曜日

森を開拓しています。

奈良のお店を閉めて富山に引越ししたのは故郷があるのが主な理由です。でも、わざわざ地元でもない田舎を選んだのは、自分たちの土地に根を張りじっくり思いっきり庭づくりをしたいという想いがあったからです。

引越し後なかなか思うような場所に巡り合えず、休みの日はドライブと言いながら一日中車でいろんな集落や山の中に行ってみたりしました。

そんなこんなで悶々と日々が過ぎて行きましたが、去年いろんな縁が重なってか、これから拠点とする土地に出会いました。

今住んでいるところから20分ほどの場所で、小高い山の上にある小さな集落です。もともと戦後に開拓者が作った集落というからか、この町のなかでもなぜかそこだけ雰囲気が違います。そもそもそのエピソードもワイルドで惹かれます。

それと何よりこの集落は全体的に針葉樹が少ないからか植生が豊かで明るいことに惹かれました。

こんな広い森、手に負えないかもという不安もかなりありましたが、大きな木々を見てワクワクやソワソワが優ってしまったので、ここに決めました。

去年の秋からこの森の整備を始めています。

ツルや草が森をびっしりと閉鎖して中に入ることさえ難しい状態でしたが、ひとつひとつ整理して少しずつ明るくなってきました。

とはいえ、まだまだ人が生活できるような状態ではないので、これからも開拓は続きます。

なぜわざわざそんなことをやるかと自分たちでも立ち止まって考えると笑ってしまいそうになりますが、やってみたいからというのが素直な気持ちです。

ここでお店を開くかとかはまだ考えていませんが、気持ちの良い広い庭を作って園芸の楽しさを伝えられる場所にしていけたらと思っています。ただ、時間がかかりそうです(笑)

時代はすごいスピードで変化し、スピード感のないものは否定されたり、置いていかれたりしますが、そんなことは恐れず、じっくりしっかりやっていこうと思っています。

ちなみに一応記録しておきたいと思い、お店のとは別でインスタグラムもやっています。フォロワーもフォローしている人もいないため、誰も見ていない謎のアカウントですが、今後も続けていくのでよかったらフォローしてくださいね。

WILD  HOUSE instagram



もちろん、オンラインショップも引き続きやっています。

富山県のお庭づくりもさせてもらいますので、興味のある方はぜひお問合せください。楽しいお庭づくりをご提案します。

お問合せ greenpeoplejp@gmail.com





2022年5月17日火曜日

植栽しました。

 こんにちは。

久々の投稿になってしまいました。

先日ここ富山、立山町にあるドッグラン わんちゃんの広場ohanaさんのエントランス植栽をさせていただきました。

富山での植栽は初めてで、とても楽しくさせていただきました。


春の目玉、オオデマリ。緑から白っぽく変わっていく花も爽やかな若草色の葉も大好きです。



引きだとあんまりよくわかりませんが、、、(ヨリでもよくわかりませんね、、、)
エントランスということもあり、カラーリーフやお花など、シーズンごとに楽しみの多い植栽にしています。
なんといっても、店名がohanaなので!


1ヶ月経ってサルビアネモローサカラドンナも咲いてました。

一年目、苗が育つまでの株間をつないでくれるようにと植えた一年草のセントーレア ブラックボタン(壁際で咲いている黒っぽい花)もいい感じです。

来年いなくなるのが寂しいくらい。

成長が楽しみです。




今回植栽させてもらった場所は我が国屈指の急流河川常願寺川のすぐとなり。昔よく氾濫していたということもあり、土の中からはゴロゴロ石がどんどこ出てきました。土壌改良にはてこづりましたが、土の性質はその場所の歴史などによっても本当全然違うので、勉強になりました。





2022年1月6日木曜日

2022年 あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。


きれいな青空に真っ白な世界。

心も新たに今年も一歩一歩、歩んで行きたいと思います。


そして昨年からじわじわと始めている、自分たちの住処作り。こちらも今年はこのブログで紹介したいと思います。

広い庭で思う存分園芸したいという想いで引っ越して、はや2年弱。

園芸の楽しさを伝えられる拠点として、少しづつですが、本当に少しづつですが、、、進めています。


では、みなさま、今年も一年どうぞよろしくお願いします。